スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キャラ解説&紹介 ロック編 その2

前回に引き続いてロック解説です。
今回は基本的な狙いを全般に話したいと思います。



2、基本的な狙い

前回も言ったようにロックは強い技がシャインナックルしかありません。
他の技でも揃っていると言えば揃っているのですが、性能が微妙なのでそれらだけで戦っていると非常に苦しいです。
なのでシャインナックルを当ててダメージを取ることに力を注ぐのが基本的な狙いだと思います。

シャインナックルはゲージ技なのでまずはゲージ溜めです。

0120.png
(強クラックカウンター、烈風拳などを駆使してゲージを溜める。ゲージがないのに攻めてもリターン差や性能差であまり良い結果にならない。相手にゲージがないなら攻めても良いかもしれないが...)

ゲージが溜まったら無論シャインを当てることを狙います。
シャインを当てるポイントは

•立ちA、2B牽制から、あるいは暴れからのヒット確認
•ジャンプ(小ジャンプ)飛び込みからの連続技
•相手の技に対しての確定反撃


前回も簡単に話した通りですね。
またシャインを撃てるゲージ状況を維持して相手にシャインを当てる意識させて他の手段でダメージをとるのも重要です。

で、具体的にゲージ溜まったらどういう風に動くキャラなのかというとその辺はあまり決められてないです。
ゲージを溜めた先は相手とその人のプレイスタイルや相手のキャラ次第と言うのが一番適切だと思います。
シャインしかないからゲージを溜めることはやらなくてはならないセオリー行動です

しかしその後は自ら牽制の立ちAや2Bを前に出て振りヒット確認から当てるのか。それとも相手が近づいて来た所に置き牽制からヒット確認するのか。大胆に飛び込みから狙うのかはプレーヤーの個性次第というのが現状です。(そもそもロックをメインで使うプレーヤーは希少なのですが)

そもそもロックというキャラは攻めるのにしても守るにしても頼れる技がないのでどっちつかずになりがちです。
牽制の強いキャラには牽制合戦でだいぶ苦しく、攻められたときはフォローのきかないライジングタックルかGCを使う守りしかできないので守りに入っても辛いキャラクターです。(後は昇りジャストなどの共通システムを使った守り)
攻める際にも冷静に対処されるとあっさり返されてしまいます。
牽制が強くないのに上段避け潰せるジャンプ攻撃を持たないのが主な要因です。


なのでロックで本気に勝ちを狙うにはできることを全部やることが必要なのではないでしょうか。


具体的に言うと

・地上戦を意識させて飛び込みを通す
・飛び道具を意識させて相手を飛ばせて対空をする
・守りに入る時は暴れからのヒット確認シャイン、昇りジャスト、バックステップやGCを使い分けて守る。
・牽制からヒット確認を漏らさず狙う
・打撃からのシャインを警戒させて思い切って真空投げを通していく

などがロックのできることだと思います。
これらを全てを確実にこなすことで勝負できるキャラがロックというキャラなのでしょう。

0082.png
(牽制の強いキャラには苦しい立ち回りを強いられる。牙刀の2Bだけでもロックには辛い)

0116.png
(地上戦で勝てないならば飛び込みを通していくしかない。上段避けに弱いのでいかに相手の意識を他の選択肢にそらして通すこと考えなくてはならない)

Rock-kakunin.png
(ヒット確認シャインはロックを使うなら必ず身につけたい技術。高い精度で確認できるなら攻めるにしも守るにしも相手は意識せざる負えないので他の選択肢が生きてくる)

0107.png
(発生が遅いがリターンが大きい真空投げ。対の選択肢である打撃をどれだけ意識させられるかがこの選択肢を通す鍵である)




3、まとめ

さて、さんざんロックを扱き下ろすような紹介をしてしまったのですが(笑)やっぱりロックは弱キャラに部類される位置にいるのが現状です。
ロックの強い部分を探せって言われても「シャインだけかな?」としか答えられないような気がします。
そのシャイン以外は標準的な性能です。

理想的なロックというものについて少しプレーヤーと話をしたのですが、上記のできることを行い、MOWのシステムを使いこなして守り、シャインを決めていくのが理想でしょうか。
それ以外には実はシャインの確定するポイントはいろいろあり、相手の暴れの上段避けや必殺技などをジャストすると確定する場面がかなり多くなります。
攻めつつも相手の暴れを読み、ジャストを取ったのを確認して反撃することができるとかなりの強さを発揮できるのではないでしょうか。

それとロックは非常にやりがいがあり使ってて楽しいキャラクターであると思います
やることが多く、システムをフルに使う必要があり、さらには格闘ゲームにおいての醍醐味であり重要な相手が何を意識しているのかを考えながら動かすキャラクターであるからです。
さらに極まってくると細かい技術や有利不利フレーム関係も覚えることになるので、他のキャラをメインで使っている人でも一回は継続して触ってほしいキャラクターです。
ロックをメインで使う人は茨の道の歩むことになるのはほぼ確実ですが頑張ってほしいです。
未だ大きな大会でロック結果を出した人はいないので期待している人は多いのではないでしょうか。





今回はキャラ紹介を書かせていただきました。
第1回なので主人公のロックにしましたが次はどのキャラになるかはわかりません。
グラントあたりが割と書いてて楽しそうな感じがするのでグラントにしようかなとは考えてます。
メインのカインはいつでも書けるのでなるべく後回しでw

それではまたノシ




スポンサーサイト
[ 2011/08/01 00:33 ] キャラ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://majimurasakinohono.blog.fc2.com/tb.php/10-7f994431


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。