スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

システム解説 ~ジャストディフェンスとガードキャンセル編~ part1

超久しぶりのシステム解説です。
だんだんMOWらしい部分の解説になってきたので書いてて面白いですね。
ジャストとガードキャンセルは特にできると気持ちいい瞬間であるので、それらが絡んだ読み合いがどうなっているのか知ると本当にMOWが面白くなると思います。
1、ジャストディフェンス解説

まずは簡単にジャストディフェンスの特徴を説明したいと思います。

Ⅰ、必殺技の削りダメージとガードクラッシュ耐久値の削減がなくなる。
Ⅱ、相手の攻撃力に応じて体力が回復する。
Ⅲ、ガードキャンセルが使用可能となる
Ⅳ、ガード硬直が通常ガードと比べて2フレーム短くなる。(一部例外あり)
Ⅴ、空中での唯一のガード手段
こんな感じです。まんまwikiのコピペなんですがw
そのほかの特徴としては

・受付時間は地上では攻撃が届く7F前までにガードで成功、空中では9F(前ジャンプは8F)と若干長めに設定されてます。
連続ガードの途中でジャストをとることは不可能です。ガード硬直が解けて3F以内もジャストがとれません。つまり密度の濃い連携はジャストが取れません。
・連続ジャストは比較的簡単です。例にするとストリートファイター3の連続ブロッキングは正確に一定のタイミングで入力しなくてはいけませんが、MOWでは適当後ろを入力しても連続ジャストができます。実際にやってみたらわかると思います。

Ⅰの恩恵はあまり感じられないと思います。連続ガードの途中でジャストは取れないので削りで倒されそうな時ぐらいでしょうか。

Ⅱは単発技を取ってもそんなに回復しないのでこれも実感しにくいと思います。ただし多段技をジャスト仕切るとだいぶ回復するのでぜひ狙いましょう。

0058.png
(グラントの円月輪は全段ジャストを取るとかなりの量の体力を回復することができる。頑張って狙ってみよう。)

Ⅲが一番重要な特徴ですね。ガードキャンセルが使用できるのは大きいです。詳しい解説はpart2で

Ⅳもたった2Fなので大差がないですが、特定の技への確定反撃少し確定反撃が増えるので要所で使う場面はあります。(例:ジェイフンの強飛燕斬BRジャストで±0F>-2F、1F以下の技が確定)

Ⅴは地味ながらも非常に重要な要素です。地上にいると中下段や打撃と投げの2択を受けてコンボを喰らう可能性がありますが、空中に逃げてガードができれば比較的安全です。やりすぎると空投げや落とされて着地に様々な択を喰らうことになりますが。

0057.png
(ジャンプの昇りにジャストを入れておくと非常に強力な逃げ手段となる。上級者が使う昇りジャストと呼ばれるテクニックである。)

2、しゃがみジャスト不能技と立ちジャスト不能技

ジャストディフェンスはほとんどの攻撃に対して立ち、しゃがみ両方で取ることができます。
当たり前ですが中段はしゃがみガードできないのでしゃがみジャストを取れません。下段も然りです。
しかし中には上段攻撃だけど相手が立ち、あるいはしゃがみでしかジャストできない技が存在します。
主に近距離立ち強攻撃かしゃがみ強攻撃がそれにあたりますね。

対戦ではほとんどの地上攻撃がしゃがみでジャストが取れるので相手がジャストやガードキャンセルを狙うときは必然的にしゃがみジャストで狙うことが多いです。
そこでしゃがみジャスト不能技で攻撃すると通常ガードになり。そこから安全に攻めを続けることができます。
その技に立ちジャストを狙う相手には当然下段が当たるのでガード方向を揺さぶることにもなります。
実際は下段を喰らうとそのままダメージになり、しゃがみジャスト不能技はとりあえずガードで防げるのでそんなに立たれることはないのですが。

0056.png
(しゃがみジャスト不能技で相手のジャスト、ガードキャンセルをさらにはジャンプ逃げを防ぎつつ攻めることができる。起き上がり等は相手がジャストを狙うポイントなので比較的安全に攻めれる。)

立ちジャスト不能技は逆にあまり出番がありませんね。相手が立ってるということは下段が当たるので。

実際にはジャストを読んだら投げや中下段の2択、遅らせ打撃などもあり、そっちのほうが直接的なダメージに繋がりやすいので初心者のうちは忘れたほうがいいかもしれません。説明してなんですが。




ジャストディフェンスの恩恵はガードキャンセルとセットで使わないとあまり感じられないと思いますが、ジャストディフェンスのいい所は失敗してもガードになると言う点だと思います。(闇雲にジャストを何度も入力しない限り)
ガードキャンセルをセットで入力すると今度は失敗すると隙を晒したり攻撃を喰らうことになるようになるのでジャスト単体だとリターンは薄いけどリスクも薄い。ガードキャンセルを使おうとするとリスクリターンが両方ともあがるようになっています。
この辺がMOWはよく考えられて作られているなー。と感じます。

次のパートで詳しくガードキャンセルについて解説したいと思います。それではまたノシ
スポンサーサイト
[ 2011/10/12 18:48 ] システム解説 | TB(0) | CM(2)

有利不利0Fの技をJDF取ったトキにシャインや超秘竜巻確定しましたっけ?
[ 2011/10/15 14:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 有利不利0Fの技をJDF取ったトキにシャインや超秘竜巻確定しましたっけ?

はい、ほとんどの場合確定します。
ただしケビンの上段避けは何故かジャストをしても±0Fが-1Fになるので確定しません。
[ 2011/10/18 15:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://majimurasakinohono.blog.fc2.com/tb.php/16-41903bfb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。