スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初心者向け企画その4 触ってみよう! 牙刀 part2

前回は牙刀の主に使う通常技や、立ち回りとコンボについて解説しました。
今回は牙刀を使っているときにできるとさらに楽しくなるようなテクニックを紹介したいと思います。
若干習得に時間がかかるテクニックばかりですが、身に付けることでさらにMOWが楽しくなると思いますのでぜひトライしてみてください。
1、風キャンに挑戦してみよう!

風キャンとは牙刀のテクニックのひとつで風牙から孔牙へ派生するときに特定のタイミングで孔牙を入力すると牙刀が飛び上がらずにその場で動作を終えることができます。
ただ単に風牙が地上で止まっただけに見えるかもしれませんが、実は風キャンに成功すると風牙と孔牙の2回分のゲージが溜まります。
この風キャンを連発することでただでさえ速い牙刀のゲージためをさらに速くすることができます。

ちなみに風キャンは習得するのに練習が必要ですが習得しても他のキャラに応用していかせるわけではないので、牙刀をメインで使うつもりがない人は飛ばしてもらってかまいません

さて、その風キャンのやり方は冒頭で言ったように特定のタイミングで風牙>孔牙の孔牙を入力するだけです。
タイミングの目安としては牙刀が地面に足を踏み込んだときでしょうか。
牙刀が少し飛び上がって孔牙を出していたら入力が遅め、孔牙が出てなかったら入力が早いということです。

0039_20110910012445.png
(風キャン成功の瞬間がこの画像。猶予は2Fと言われているので、練習すれば安定して出せるようになるはず。)

2、ガードキャンセル風牙に挑戦してみよう!


MOWといえばガードキャンセル。ガードキャンセルを使わなくしてMOWの爽快さは感じ取れないでしょう。
以下の点があるので牙刀の強風牙は非常に優秀なガードキャンセルになります。

・発生が早いので相手の攻撃の隙に確定しやすい
・コマンドが214なのでジャストを入れつつコマンドが成立するのでやりやすい
・ヒットするとコンボに移行でき、威力が非常に高い

ガードキャンセル風牙は牙刀の強さを支えている強力な点なのでぜひ狙いましょう。

●ガードキャンセル風牙の入力の仕方

さて、一応知らない人のために説明しますが、ガードキャンセルのやり方はジャストディフェンスが成功した時に必殺技を入力することでできます。
なのでジャスト>214Dでガードキャンセル風牙が出せると言えば出せますが、実はこれはだいぶ素早く入力しないとできませんので結構難しいです。

そこでまず最初に214のコマンドを入力します。この214コマンドの1か4を入力した瞬間にジャストディフェンスを取り、その後にDボタンを押すことでもガードキャンセルは出すことができます。
このゲームはコマンドの入力はかなり残る仕様なので

214(1か4でジャストを取る)>Dボタンを押す。

この入力方法でも風牙を出すことができます。
こちらの方の入力を使うのがお勧めです。

●ガードキャンセルの狙いどころ

ではどこでガードキャンセルを使うのかというと色々とあるのですが、最初は対空と自分が着地する時、起き上がる時を主に狙いましょう。
相手が攻撃を出したくなる時が主な狙いどころで、着地の時や被起き攻め時は特に相手が手を出しやすいです。
当たり前ですが対空に使う場合は立ちジャストじゃないと攻撃を喰らうので、214入力の4で止めてジャストを取ってガードキャンセルするようにしましょう。
逆に地上の相手は下段やしゃがみジャスト可能な技がほとんどなので214入力の1を若干長めにしてしゃがみジャストを取ってガードキャンセルするとやりやすいと思います。

●ガードキャンセルに成功したら

ガードキャンセルが成功したら追撃のチャンスです。
まずはD風牙からのB派生の旋牙が当てましょう。よほど遅くない限り安定してつながるはずです。
旋牙を当てたら相手が地上に落下している時にさらに零牙で追撃ができます。
レシピにすると
D風牙(214D)>旋牙(B)>零牙(236236AorC)

やってみたらわかると思いますがこのコンボはすっごい減ります。
TOP中なら5割減ります。つまりTOP中に2回ガードキャンセルすれば勝ちです。
TOPでなくとも2回ガードキャンセルして+少しのダメージで勝ちです。

ちなみに風牙>旋牙の後に零牙が届かない場合が良くありますが、この時は相手がダウンしている間にゲージためでもしましょう。
歩き零牙を使えばほとんどの場合で追撃できるので余裕があったら習得してください。
やり方は236236の最後の6を入れっぱなしにして歩いてAで零牙。これでできます。
MOWは必殺技の受付時間が長いので歩いてからでも出すことができます。

0190.png
(ガードキャンセルに成功したらBボタンを押して旋牙を出してコンボを狙おう)

●ガードキャンセルに失敗したら

ガードキャンセルをしようとして、相手の攻撃に合わせてガードキャンセル風牙を入力したけど、相手は何もしてなかったのでそのままD風牙がでてしまった。
こういう時はなるべくフォローしましょう。風牙が当たってたらラッキーと思って旋牙してくださいw
フォローするには旋牙以外の派生を使えばいいです。
孔牙は相手が当たる位置にいるなら大安定です。空ぶって下の潜り込まれるとコンボを入れられるので注意です。
弓牙は低めに出してガードさせることにより誤魔化せます。反撃が無い時があります。カウンターしたら美味しいので零牙で追撃を。
滑牙は相手の後ろ側にスペースがあるなら対処しづらいフォローとなります。滑って反対側に逃げましょう。

0185.png
(ガードキャンセルに失敗したらフォローを使い分けよう。滑牙は意外と対処されづらい)


3、着地ガード不能と補正切り零牙を狙ってみよう!

MOWには0Fガード不能現象と言うものがあります。着地や特定の技を当てた後などに発生0Fの超必殺技を出すと何故かガード不能になる有名な現象ですね。
牙刀の零牙も発生0Fなのでそれを狙うことができます。また、ヒット数は繋がってないけど回避不能な補正切り連続技を簡単に作ることができます。
受ける側も回避手段はあるのですが、0Fガード不能は強力な攻め手段なのでぜひ使いましょう!

●着地ガード不能を狙おう!

0Fガード不能で一番狙う機会が多いのが相手が着地した瞬間です。
やり方は簡単です。

空中にいる相手に攻撃を当てたら、相手が着地した瞬間に合わせて零牙を打つ!

これだけです。

成功するタイミングの猶予は2Fといわれてます。慣れが必要ですがやっていくうちに相手の高さをみながら重ねられるようになるのでどんどん実践で狙いましょう!

0045.png
(これがガード不能のタイミング。ちなみに間合いが遠すぎると0Fの範囲外になるので先端以外で狙おう)

●特定の技から補正切り零牙を狙おう

コンボ表示は繋がってないけど、回避不能なので実質コンボと同じことである補正切り連続技。
補正切り連続技はコンボヒット数が増えると一発一発の与えるダメージが減る補正が途中で無くなるので非常に威力が高いです。
MOWのシステム上、+1~3Fのときに0F技を発動すると補正切りになります。(厳密には+1と+2,3の間では回避可能とそうでない違いがあります)

それでは簡単な補正切り連続技を紹介します。

●6A>零牙

中段からなのでガード崩しにどうぞ。

●近距離立ちC>零牙

相手の大きな隙に入れてください。非常に高威力です。

上記の二つはいずれも最速のタイミングで補正切りになりますので簡単です。

また普段使っている通常技>零牙と言うコンボにも若干ディレイをかけることで補正切り連続技にすることができます。

0172.png
(いつも使う小足零牙の連続技を零牙に若干ディレイをかけることで…)

0173_20110917135902.png
(補正切り連続技にすることができる。遅れすぎると普通にガードされるので狙いすぎに注意!)

補正切りも強力なのでどんどん狙ってくださいね。
しかし先ほど述べたように+1Fの時の0F補正切り、それと着地ガード不能は特定の手段で回避可能なので、何故か避けられるようになった!と言う時のために後ほどそれを補完しておきたいと思います。
一応簡単なヒントとして、バックステップで避けられるようになったら、先読みにしてガンダッシュ近距離立ちD>零牙
この連続技を狙いましょう。




またまた更新が遅れて申し訳ありませんm(_)m
読み返してみたら3分割にすべきだったなあと反省しております。
今後はまたしっかり更新頻度を上げていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
次は聞いたこともある人もだいぶ増えたと思うので、来年に行われるフランスの大会について紹介したいと思います。
それではノシ
スポンサーサイト
[ 2011/09/17 02:48 ] 初心者向け企画 | TB(0) | CM(4)

最近TRFの放送の影響で格ゲー&MOWに入門したので、こういうブログはとてもありがたいです。これからの攻略記事も楽しみにしてます( ´∀`)ノ
[ 2011/09/21 05:06 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/09/21 15:59 ] [ 編集 ]

Re: 牙刀の対空行動

> 牙刀の対空行動に関してなんですが
> 1. ガーキャン
> 2. 上段避け
> 3. 龍牙
> 4. 当て身
> がありますよね?
> 当て身はともかく1と2と3の使い分けをどうすればいいんでしょうか?
> よろしければ教えてください。

ブログを見ていただきありがとうございます。
対空の上段避け、ガードキャンセル、龍牙の使い分けですね。

基本的に上段避けを潰すジャンプ攻撃を持たない相手には上段避けが安定の対空です。
上段避けを潰す攻撃を持っている相手にはガードキャンセルで対応すべきだと思います。
しかしガードキャンセルは慣れている相手だとガードキャンセル失敗を狩られる可能性があるので、空対空も対空手段として使いましょう。
垂直ジャンプかバックジャンプしてジャンプAで落としたり、前ジャンプB>Aのコンビネーションで落とすのも有効です。
牙刀は着地ガード不能を絡めた択に持ち込みやすいので空対空の見返りが他のキャラに比べて大きいです。

龍牙は暗転する技なので通常ジャンプに対して出すとジャストされてフルコンボ喰らう可能性がありますので小ジャンプに対してコマンドを入れておいて見てからボタンを押す感じで使うのがベストだと思います。

当身は正直なところ対空には向きません。僕が知っているのはハリアーに対してGCで使うぐらいでしょうか。

その他の対空手段は牙刀のダッシュで相手の下をくぐって相手の着地に小足の持続を当てて零牙へつなげるのもたまに使うといいと思います。ちょっとリスクもある手段ですが、くぐってしまえば確定でダメージが取れるポイントなので前ジャンプが多い相手にはこれでダメージを与えましょう。

使い分けを説明したのに二つも新しい対空を紹介してしまいましたが、大丈夫でしょうか?

簡単にまとめると
上段避け⇒潰せない相手には非常に有効な対空、潰す相手には使用を控える
ガードキャンセル⇒失敗したときのリスクもあるけど、リターンが大きい。相手の癖を読んで使えると良い
空対空⇒比較的安全な手段。リターンは少なめだが着地ガード不能が狙えるときもある。
着地小足⇒くぐってしまえばほぼ確定のダメージを取れる。リスクは結構ある
龍牙⇒できれば小ジャンプに対してのみ使用。たまのぶっぱもありかも。

こんな感じです。細かく言うとキャラ別の解説になるのでこの辺にさせていただきます。
また何か質問があればお待ちしております。
[ 2011/09/21 20:20 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 最近TRFの放送の影響で格ゲー&MOWに入門したので、こういうブログはとてもありがたいです。これからの攻略記事も楽しみにしてます( ´∀`)ノ

ブログを見ていただきありがとうございます。
更新が遅いですが頑張って書いていきたいと思います。
[ 2011/09/21 20:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://majimurasakinohono.blog.fc2.com/tb.php/19-37b53c4c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。