スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

餓狼MOWフランス大会について

ニコニコ動画などでもうすでにご存知の方もいらっしゃると思いますので、フランス大会について僕が分かっている情報などをまとめたいと思います。
1、フランス大会が開催されるようになった経緯

そもそもフランス大会はMOW単体の大会ではなくヨーロッパ全体の格闘ゲームイベント「Stunfest」の種目の一つとして開催されます。
Stunfestは公式のホームページを見ればわかると思いますが、様々なタイトルで構成されていてヨーロッパ版のEVOと考えてみてもいいかもしれません。
その去年のStunfestでMOWのフリープレイイベントなどが行われ、それがかなり盛況だったので来年では大会の種目にしてみないかという話になり、見事選ばれたので「WereWolves Tournament」という名前が付けられ開催が決定されました。

簡単に説明するとこういう感じになります。
開催に至るまでの経緯には主催者側の人がMOWがすごい好きな人がいることや、その人がMOWをフランスで頑張って広めていてくれていることなどの要素なども絡んでいたとは思いますが大体こんな感じです。

2、フランスのMOW情勢

そもそもフランスにはMOWプレーヤーはどれぐらいのプレーヤーがいるのかというと大体100人ぐらいだそうです。
日本のプレーヤー数を数えたらこれぐらいは多分到達できそうですが、4桁はいかないのかなと思います。
各地にゲームセンターはあるようで、ネット対戦は盛んのようですが、アーケードの対戦もできるところは多いらしいです。
また、日本の攻略サイトを翻訳したり、ニコニコ動画のチェックなどをして大分日本から情報も入っているそうです。
今後はアーケードの大会を開催したり、配信なども行っていて非常に積極的に活動しているそうです。
具体的なプレーヤーの技量などはやはり経験の差があるので若干の差がありますが、非常に吸収が早いと思います。初めて数ヶ月でも大分動けている方もいると聞きました。

僕個人としてはニコニコ動画やyoutubeにあるわたさんのプレイ動画の影響もだいぶ大きいと思っています。
圧倒的な技術が見れる点やロックであそこまで戦える動画は見ていて爽快感があると思いますし、興味がわきやすいのではないでしょうか。
事実youtubeの国別の閲覧数をみるとやたらとフランスが高いのでw

3、その他大会についてわかっていること

・大会はオープントーナメントで現地に行けば誰でも参加可能です。
・レギュレーションや大会形式はまだ決まってません。
・開催は来年4月か5月ごろになりそう?去年は4月の終わりから5月の始まるが開催期間でした。
・アーケードバージョンのソフトで行います。さすがにPS2の家庭用は若干仕様が違うのでw
・ネットでライブ配信は行う予定だそうです。




以上が僕の分かっているフランス大会の情報のまとめです。
まだまだ先の話ですが非常に楽しみにしています。

Stunfestは種目ごとに海外(主に日本)から招待選手を呼ぶらしく、WereWolvesには僕とわたさんが招待されました。
恐らく後一人ぐらい招待できると言っていたのでこの二人+一人で行くことになりそうです。
招待のために渡航費を出してくれたり、そのために寄付を募ってくれたりする主催者の方々には本当に感謝しています。
日本でもマイナーなゲームに入るのに海の向こうでも頑張ってくれている仲間のためにも僕もできる限りの協力をしなくてはいけませんね。
大会では頑張って盛り上げてフランスのプレーヤーたちにMOWを楽しんでもらえるようにしたいと思います。
もちろん日本でもこれからも地道ながら活動をしていきたいと思います。

また情報が集まったらまとめて報告しますので今回はこの辺でノシ
スポンサーサイト
[ 2011/09/27 17:12 ] 大会情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://majimurasakinohono.blog.fc2.com/tb.php/20-c3f67c3a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。