スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

システム解説 ~フェイントと避け攻撃~

餓狼伝説シリーズ恒例?のフェイントと避け攻撃について解説したいと思います。
実は餓狼シリーズってRB2を少し触ったぐらいで全然やったことないんですよ。
MOWはシリーズの特色であった2ラインシステムが廃止されてグラフィックや作品の雰囲気が大きく変わったので、正直言うと続編にあまり見えませんねw
この餓狼っぽくないところが原因で流行らなかったってよく言われますが、実際はどうなんでしょう?
その時は今でも人気の根強いストⅢ3rdが出た時でもあるのでそれも理由の一つであるかもしれませんね。



1、フェイントとフェイントキャンセル

フェイントとはレバー前とA+Cかレバー下とA+Cで必殺技の最初の動作だけを出すことができます。
レバー前とレバー下ではそれぞれモーションが違い、動作時間の長さも違うキャラがいます。

注意すべきなのがレバー前か下を入れっぱなしでAとCを同時押ししてもフェイントは出なくてレバーを入れてからAとCを同時押ししないと出ません。

このフェイントなのですが実際に必殺技のフェイントになるものもあるのですが、何故かキャラによっては暗転する超必殺技のフェイントであったり、対応する技が到底立ち回りで出せる技ではなかったりするため、本当にフェイントとしての目的として使えないキャラが多いです。

そんなフェイントですが、実はキャンセル可能な通常技をキャンセルして出すことができます。
これを一般的にフェイントキャンセル(FC)と言います。
FCを利用することにより固めや連続技、隙消しなどができるのでこちらの使い道の方がメインとなります。

0150.png
(テリーの前フェイントは若干前進する性能。フェイントキャンセルを使うことで強攻撃を何度も当てるコンボ、固めができるので、テリーの攻めの強さを支えている)

0153.png
(通常投げを狙うときは毎回フェイントキャンセルを入れておきたい。投げ漏れの近距離立ちCはヒットしても反撃確定のキャラもいるので失敗した時のために入れ込んでおこう。)


2、上段避け攻撃と下段避け攻撃

上段避け攻撃(上段避け)はレバーした要素とA+Bで上半身無敵の攻撃を出します。
キャラによって性能は違いますが主な使用用途は相手の打点の高い攻撃を読んで出したり、対空などに使います。

syou-jump-D.png
(小ジャンプの時に述べたが、一部のキャラには上段避けを潰すジャンプ攻撃がある。そのキャラには対空として使うのは控えよう)

この上段避けにはもう一つ重要な特徴があります。
それは上段避けはヒット時のみキャンセルがかかるという点です。

つまり、毎回上段避けを出すときに必殺技のコマンドを入れ込んでおけば、ヒット時は連続技にガードされたらなにも出ないということになります。
この性質のおかげで上段避けは非常にリターンの高い選択肢になります。

0143.png
(上段避けはヒット時のみキャンセルがかかるので超必殺技のコマンドを入れ込んでおくと...)

0144.png
(ヒットしたら連続技になる。ガードされたら何も出ないのでリスクは少なめ、積極的に使ってみよう)

0152.png
(対空に使う際は若干注意が必要。空中の相手に当てるとキャンセルした必殺技が繋がらないので反撃を受ける可能性がある。対空の時は地上の相手に当たるように引きつけよう)


下段避けは立ち状態でAとBを同時押しすることでだすことのできる攻撃です。
こちらは出したときから下段攻撃に対して無敵になり、小ジャンプのように若干飛びながら中段攻撃を出します。
ガードされても大幅有利でガード崩しに使えないこともないですが、何故かヒットすると微妙に不利になり(キャラごとに違います。5分から-2Fぐらいです。)一部の超必殺技(0Fなど)で反撃を受けます。
下段をかわす目的ではこのゲームの特性上入力した瞬間から下段無敵になるジャンプか小ジャンプがあるため、下段避けを使う必要性はあまりないです。
むしろ下段避けを使うぐらいなら小ジャンプした方がヒット時はコンボに行けるのでその方がいい場合が多いです。

gedansake-hit.png
(何故かヒットするとあてた側が不利になる下段避け。コマンドがブレーキングと同じなので相手がもらした時にわざと喰らって反撃することが可能)

※ドンファン、ジェイフンの下段避けは1Fで空中判定になるので緊急回避的な手段として有効です。




フェイントキャンセルは最初は難しいかもしれませんが、できるようになると連携やコンボが伸びるようになるので非常に楽しくなります。キャラによって重要度がかなり違いますがMOWの楽しさの一つなので頻繁に使うキャラは是非習得してほしいです。

上段避けは積極的に使って、使える場面とそうでない場面を経験して理解していただければいいと思います。
下段避けは忘れてもいいかもしれません。少しは使える場面はあるのですが、それでも必要というわけではないです。

それではシステム解説第2回はこのへんでノシ
スポンサーサイト
[ 2011/08/05 15:46 ] システム解説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://majimurasakinohono.blog.fc2.com/tb.php/7-724fe222


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。