スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カインのグラント対策

ダイア更新で疲れたのか1ヶ月更新してませんでした。
自分の中では完全に大きな仕事をやりきった感で満たされてたのでw
1万アクセス記念の企画で僕が考えるカインのグラント対策を書きます。

■確定反撃

必須
・弱突進ガードorJDF=立ちA>パンツァー
・近距離立ちCガード=上段避け>パンツァー、投げもれの時に発生するので反応できるようになりたいです。
・円月輪ガード=投げ、無敵付加されているなら読み合いするか手を出さない。
・円月輪JDF=いろいろ選択肢はありますが安定なら最後までJDFして投げか、無敵付加される状況なら2A>2A>2Cが安定です。GCランツェができるならそれでも。
・ハテンダンガードorJDF=上段避け>パンツァー。できればJDFしたほうが距離が離れない+回復があるのでいいです。
・中段ガード>上段避けで距離によってコンビネーション行ったり行かなかったり。
・魔壁=上段避け>パンツァー、距離によっては上段避けコンビネーションいける?

おまけ
・TOPアタック、2C=もれなくパンツァー確定です。しかしあまり使ってきません。
・2DJDF=リバサパンツァー確定です。こっちもあまり出番がありません。

■グラントの行動への対策

・弱メッショウ=相手のジャンプに昇りJDF仕込み垂直ジャンプで様子見して相手がメッショウ出してたら上から攻撃を当てられるのでJD>立ちB>パンツァーで。相手の出すタイミングとこっちのジャンプのタイミングによってはメッショウがカインのジャンプ攻撃の出掛かりに当たってカウンターするので怪しいと感じたら手を出さないのがいいかもしれません。

・強突進=反撃するならGCランツェ。ためができてないなら大人しくJDFしましょう。画面端から脱出するために打つ人にはダッシュ立ちAとかで出掛かりを潰しましょう。迷うとカウンターして死ぬw


・遠距離たちC=基本である相手の癖を読んで合わせる上段避けがありますが、しかし円月輪が確定反撃になってしまうので相手がそれをできるなら控えたほうがいいかもしれません。間合いの外からフレイムを撃つのもいいかもしれませんがフレイムの出かかりは喰らい判定が前にでるので頼りすぎは禁物です。
この技を喰らうとグラントが楽な展開になるので無理に反撃に徹するよりもガードしたほうが思います。
別にガードしても特にデメリットがカインには無いですから。
ジャンプの昇りに喰らわないようにできるだけジャンプには昇りJDFを仕込んでおきましょう。

・めくりジャンプBによるまとわりつき=空振りでもブレーキングがしっかりできるならランツェBRで普通に対空してればほぼ大丈夫です。他にも上段避け対空(反対側に出る可能性アリ、ひきつけて出す)潜って立ちA、潜って着地に2B>2C。それと昇りジャストで拒否っていれば大丈夫です。
グラントが逆転したい時によく狙ってくる選択肢なのでリードしている時は注意しましょう。

・凶鳥逃げ=ゲージがあればアーテム。結構反応遅れても自動的に振り向いて落としてくれます。カウンターしたなら安定の2D追撃かランツェBRからのコンボで。ゲージが無ければしゃがみガード入れつつ2A連打で自動的に反対側のフレイムが出ます。

■通常ジャンプへの対空

・潜る=できれば自分が画面端に近いときに潜るとgood! 
・上段避け=リターンが高いですが対戦レベルが高いと大体2段JDFされてGCされます・・・されないならガクラ連携にいけるの強いです。メッショウに負けます。
・ランツェ=ど安定です。困ったらこれで。メッショウですかされますが。
・バックジャンプ対空=こっちのランツェを意識した飛びに有効です。細かいダメージが欲しい時にどうぞ。
・その他には上記の昇りJDF仕込み垂直ジャンプや拒否の昇りJDF仕込みのバックジャンプで

■小ジャンプへの対空

・遠い間合い=大体がJDを出してくるので上段避け>パンツァーで
・近い間合い=小ジャンプBが上段潰すので無理は禁物。つまりガード。特に画面端で喰らうと大惨事なのでガードしましょう。
・GCランツェは対処しやすいです。しかしやるならば起き攻めにいける状況で。小ジャンプの間合いはけん制の間合いなので固執しないように。


■戦いかた

・TOP配置=最後以外ならどちらでもいいです。最後はグラント戦は時間がかかるので使えずに終わるパターンが多いのでお勧めしません。

・勝ちパターン

1、まずはゲージを溜める
2、ランツェパンツァーや上段避けパンツァーなどをどっかで引っ掛ける
3、ゼーレ起き攻めで崩すか端に追い込む
4、端でガクラや暴れに対処することでダメージを取る
5、リードしたならゲージを溜めつつ守って終了。倒しきってもよいです

・ゲージため

フレイムと強ランツェBRでゲージを溜めましょう。相手のゲージ溜めはあまりに気にすることは無いです。
相手の牽制の間合い内でランツェで溜めるのは余計なダメージを喰らいますのでやめましょう。

・ゼーレ起き攻めまで

相手の癖を読んで上記の行動への対策をして、何か>パンツァーを当てましょう。
考えるべきなのがこっちが上段避け振るのも、垂直ジャンプをするのもGC待ちするのも大なり小なりリスクがあります。なのでその行動のリターンを高めるためにできるだけゲージを溜めておきましょう。

相手の立ち回りが硬すぎて付け入る隙が無いなら歩いてしゃがみガードやちょいダッシュしゃがみガードを繰り返して相手の牽制をガードしつつ徐々に距離をつめましょう。画面端が近くなると相手は逃げざる負えないので。そこを咎めることでダメージを取ることができます。なのでガマンしつつ距離をつめましょう。

・ゼーレ起き攻め

小ジャンプDと2Bの中下と下ジャスト不可の立ちC、TOP中ならゼーレバグを狙ったり。そしてリバサ超必殺技読みの様子見をしましょう。バクステで拒否されるのは画面端に追い込んだと思い、距離を詰めましょう。

・端に追い込んだら

画面端に追い込んだらカインの時間です。
ダッシュAや小ジャンプで触ってランツェガードさせて立ちBゼーレからのガクラ連携に行ったり有利フレームを生かしてラッシュを掛けます。
時には相手の目の前でしゃがんで様子見ランツェやGC仕込みのランツェを混ぜて相手の暴れにも対処しましょう。
凶兆は勿論アーテムで落としましょう。

基本はゲージがあればランツェ>立ちBゼーレでガクラ値を溜め。無いならばラッシュや投げで攻めます。

暴れの対してランツェ>パンツァーが当たったら、前受身に対してはリバサ投げを喰らわないように画面端をキープして時に表裏を狙います。後ろは普通に起き攻め。

起き攻めの選択肢は

GC潰し、いれっぱ対策の立ちArB>ランツェ。
リバサ対策、GC潰しの様子見遅らせランツェorGC仕込みランツェ。

ランツェをガードしていたなら立ちBゼーレのガクラ連携かラッシュで。

要するに普通の起き攻めしてればいいです。


端での起き攻めは前受身に対しては投げ暴れに注意しつつ画面端から出さないようにしましょう。

・守り方

体力リード取ったら守りに入りましょう。画面端なら倒しきってもいいですが。
ミスの起こらないフレイムでゲージを溜めつつ下がり
通常ジャンプのめくりにリスクの少ない昇りJDFで対処して。大ダメージを食らわないように怪しいところは大人しくガード。
2ゲージ溜まっていて後出しハテンダンでも逆転できない体力ならば残り4カウントぐらいになったら潜在ゼーレで終了です。ラウンドが残っているなら吐かなくてもいいなら越したことはないですが。
自分は見えませんが画面端のグラントの中段には注意しましょう。

着地ガード不能は理想はバックステップして暗転したらゼーレですが難しいので後キャンで対処してもいいです。
自動的に後キャンになるゼーレぶっぱ(潜在ならド安定)もありです。

言ってしまえばリードしてたら2ゲージ溜めて5カウントになれば勝ちみたいなものですw
守りが上手かったら10カウントぐらいからパナしても5カウントぐらい稼いで円月輪絡みのの選択肢を拒否っていったら守りきれるかもしれません。

■まとめ

やっぱりカイン有利です。


スポンサーサイト
[ 2012/11/11 13:30 ] 攻略と対策、小ネタ | TB(0) | CM(3)

逆に、カインの苦手キャラは誰ですか?
[ 2012/11/16 18:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 逆に、カインの苦手キャラは誰ですか?

苦手キャラ筆頭はジェニーだと思います。
続いてドンジェイ、牙刀、ケビンですがこの4人は互角だと思っているので実質はジェニーだけ・・・です。
[ 2012/11/18 16:18 ] [ 編集 ]

なるほど。

ダイヤでカインが4位だったのは、上位陣に不利は少ないものの、互角が多くて有利が少なく、ジェニーが苦手だから、ということですね。
[ 2012/11/18 17:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://majimurasakinohono.blog.fc2.com/tb.php/82-abbbe4d4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。