スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェイフン攻略1 通常技

かなり主観の入った攻略。ハワアリとかに書いてあることはあえて書いてないかもしれません。
・戦い方の基本

相手キャラによって大きく変わりますが基本的には強い牽制を生かして中間距離で主導権を握り、相手がジャンプなどで動いてきたところを飛燕斬対空などで対処するのが僕の戦い方です。

牽制合戦の中で相手を端に追いやることができれば、ジェイフンの強い端攻めを仕掛けてガクラを意識させるか、打撃と投げの択行きます。もちろんそれらを嫌がって動く相手にも同様に対空などで対処しダメージを取ります。

逆に追い込まれたら飛燕斬を中心に守ります。画面見ないでパナしたり、それを盾に逃げたり追い返したりします。

・通常技

●立ちA
遠距離、近距離共に発生3Fでリーチが長くガードさせて+6Fと振りも小さく、このゲーム最強クラスの立ちA。
相手のジャンプの出かかりを止めたりする。上段避けや下段には弱いが、小ジャンプで飛び越えられても大体ガードが間に合うのは強い。
これに対して下段や上段避けを振る相手にはしゃがみAやD、そして小ジャンプAが有効。

●近距離立ちB
あまり使わない。下段だったかすらも忘れましたが、ダッシュから下方向に強い技を出せるのが利点で上段避けや下段暴れを狩ることができる。下段暴れは多分大幅有利とってからじゃないと厳しい。立ちAが繋がるので入れ込んでます。あんまり実践では使ったことがないのでよくわからないです。

●遠距離立ちB
あまり使わない。相手の下段牽制に対しては有効だが、全体モーションが長めで小ジャンプが怖い。

●しゃがみA
超重要技。長いリーチを生かして先端が当たるか当たらないかの間合いでチクチクする。相手が前に歩いたところにヒットするのが理想。全体モーションは少し長めなので小ジャンプが怖いが先端間合いで振れば、タイミングが悪くない限り刺さらないはず。そしてその間合いは小ジャンプ以外を警戒する必要がないので落としやすい。

●しゃがみB
連打キャンセルができる下段。しゃがみAよりリーチは短いがその分全体モーションが短い。
近距離の下段はこれで、小ジャンプされても刺さりにくい。
暴れる際も有効、しゃがみB×2でヒット確認して鳳凰に行ける。
画面端では連打キャンセルすれば一気に4発ぐらいガードさせることができ、ガクラ値を溜めやすい。また、常に連続ガードのため途中でジャンプで逃げようとする相手に当たる。そこをヒット確認鳳凰脚に行くのが理想。

●しゃがみC
立ちA、しゃがみBから繋がりキャンセルしてコンボに行く技。ガードされてもフェイントキャンセルで有利フレームを取り、攻め継続できる。

●近距離立ちC
しゃがみJDF不能の技。主に画面端の攻めで使用。2段技で持続が長いため起き上がりに重ねやすく、端ならフェイント2Cが繋がる。投げ漏れの際にも出るのでジャンプで避けられても当たりやすく、画面端なら着地ガード不能を狙えるので毎回フェイントを仕込んでおきたい。

●近距離立ちD
同じくしゃがみJDF不能技、ノックバックはCよりも短く中央でも2Cが繋がる。しかし初段の持続が1Fしかなく、初段と2段の間に隙間があり2段目の持続は3Fとちょっと重ねるのが難しい技。
がんばって中央でもこの技を重ねる。
フェイントで有利フレームが大きいのが利点。
画面端永久は自分はできないので使いません。

●遠距離C、D
今のところ忘れていい。

●しゃがみD
足払いの中では最高クラスの性能。リーチが長く強攻撃にしては隙が少ない。
小ジャンプに弱いが牽制合戦で一方的に勝てるので振る必要はあると思う。
立ちA、しゃがみBから出すと隙間1Fで暴れは絶対潰せる。ジャンプはグラント以外の通常ジャンプ攻撃以外は確定しないので、間を小ジャンプされた際にを落とせる前提で使う連携。

●ジャンプA
上段避けを潰すのでメインの飛び手段。A>Cコンビはあるが両方当てようとする高さだと実は上段避け対空が機能するのと2段目はしゃがまれると当たらないのでわかっている相手には通用しない(それでもジェイフンが有利Fとってますが)ので自分は大概低めに出します。前に飛びつつも競り勝ちたい時にACコンビを使用。
めくりでも使え、相手の頭にジェイフンの股間を当てるように飛べばめくり表落ちとかよくわからんことになります。詳しくは調べてないので不明。

●ジャンプB
主に空対空でB>Dコンビを使用。ちなみに判定はジャンプDと一緒でジャンプDより発生が速いので小ジャンプで競り勝ちたいときはこっちを使ってます。
めくりもできる。

●ジャンプC
小ジャンプで使用。上に蹴るので飛び逃げした相手に引っかけて逃がさずに攻め継続ができる。しゃがみすら当たらないので上段避け対空には注意。それを潰すジャンプAとこのジャンプCの割合は計画的に。
通常ジャンプで出すと相手の立ちにほとんどの場合最低空でガードさせることができるので牙刀のGC風牙や震牙を着地してガードすることができる。

●ジャンプD
横に長い。威力が高いので先読みの起き空対空や中間距離で小ジャンプの牽制として使用。
小ジャンプからはヒット確認で鳳凰を入れたい。
個人的は読まれたらGC、上段避けで対処されやすい技なので手癖で出したくない技。
全く使用しないのはどうなんでしょう。
めくりもできる。




次は必殺技について書きます。
優秀な技が多く、用途も分かれているので結局ほとんどの通常技を解説することに・・・
それではノシ

スポンサーサイト
[ 2013/04/02 17:43 ] 攻略と対策、小ネタ | TB(0) | CM(1)

近Bは画面端で上段避け潰しに使って近B>A>2C>流星落くらい?
遠BはTOP確認に使ったりします。
[ 2013/04/13 00:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://majimurasakinohono.blog.fc2.com/tb.php/90-fae7bd6e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。